安全な暮らしをキープしたいなら蜂の駆除をしよう

直接の害が出る虫

散布作業者

身近な害虫

身の回りにはさまざまな虫が存在します。その多くは人間に直接被害を与えるような虫ではなく、間接的、または視覚的に害を与える程度に留まっています。一方で、直接被害を与える虫も存在しており、それらが身近にいる場合には注意する必要があります。直接被害を与えてくる虫のひとつがハチです。ハチといってもいくつかの種類があり、その中でも危険度が高いのが毒針を持ち攻撃性が強いスズメバチです。ついでアシナガバチなども毒針を持っており、刺される可能性があります。ミツバチは比較的大人しいですが巣が壊されるなどの危害を与えると毒針で攻撃してきます。いずれにしてもハチの多くは巣の近くに寄ると防衛本能から攻撃を仕掛けてくるため、毎年多くの人がハチに刺される被害が発生しています。

安全を確保するには

ハチの多くはよほどのことがないかぎり攻撃をしてくることはありませんが、人間の棲んでいる周りに巣を作った場合には知らないうちに巣に近づき、そして刺されてしまうケースがあります。このため巣を見つけたら退治しておくのが無難です。アシナガバチの場合には比較的、小さな巣しか作らない上に外殻を持たないので退治も簡単です。殺虫剤を吹きかけ、ハチがいなくなれば巣を落としておけば、しばらくは巣を作りません。一方で厄介なのがスズメバチやミツバチです。特にスズメバチは外殻を持った巨大な巣を作ることで知られ、大量のハチがその周辺で活動しています。このため殺虫剤を巣内に送り込む必要があるなど退治には一工夫が必要になってきます。また刺されると死亡するリスクが高いので退治する場合にはプロに依頼するのが無難です。

このエントリーをはてなブックマークに追加