安全な暮らしをキープしたいなら蜂の駆除をしよう

安全に除去するために

蜂

巣を作る時期

家の庭先などに蜂の巣を作られてしまうと、人間に害を加えてしまうことがあるので、注意が必要です。巣を作る蜂の代表例としては、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチがあります。スズメバチに関しては、これらの3種類の中でも最も攻撃性が高く、要注意の蜂として知られています。アシナガバチについては、スズメバチほど攻撃性は無く、人間が手出しをしなければ基本的に攻撃してこないことが多いです。また、蜂の巣も約1年で使用しなくなるため、巣を作った場所によっては無理に駆除しなくても良いです。またミツバチに関してもアシナガバチと同様に攻撃性は低いですが、相手が敵だとみなすと集団で攻撃してくる特性があります。刺されるとアナフィラキシーショックを受けることがあるので、注意が必要です。

自治体のサービスを利用

蜂の巣を作られてしまうと、毎日安心して家で生活することに支障をきたしてしまいます。そのため、蜂から攻撃されないことを目的として、巣を作り始めた段階や巣を見つけた段階で、すぐに対策をとることが大切です。蜂の駆除については、ホームセンターなどで販売されている殺虫剤等を使って自分で駆除をする方法も可能ですが、不慣れな人は安易に行わないほうが安全です。スズメバチに関しては、自治体のサービスを利用すると良いです。日常生活に支障をきたす場所に巣を作られた場合に、その不便な環境を取り除くことを目的として自治体が無料で駆除してくれることが多いからです。スズメバチの巣だと分かったら、一度自治体に駆除の相談をしてみるのも良いです

散布作業者

直接の害が出る虫

身の回りにはさまざまな虫が存在しますが、その中でも人間に直接害を与える可能性があるのがハチです。特にハチは人間の生活圏に巣を作ることもあり、巣に近寄ると防衛本能から攻撃をしてきます。このためハチの巣がある場合にははやめに退治して安全を確保しておく必要があります。

困る人

アシナガバチへの対処

身近な昆虫にアシナガバチがいますが、アシナガバチ駆除を専門業者にお願いする人も多く、自分が刺されることなく安心して駆除できます。また、アシナガバチは毒による被害はほとんどないですが、刺されるとアレルギー症状によってショック反応が起きる可能性がありますから駆除専門業者にお願いしていきます。

ハチ

被害の拡大を防ごう

アシナガバチの巣が民家に出来てしまうケースが多くなってきています。放置しておくといつ刺されてしまうか分かりませんから、早めの駆除が必要です。自分で駆除するのも良いですし、業者に依頼して駆除してもらうのも良い選択です。

このエントリーをはてなブックマークに追加